訪問診療とは

お身体が不自由で通院が困難な方、寝たきりの方、病気や障害があっても、住み慣れた家で過ごしたいという方がご自宅に居ながら医療を受けることが出来る仕組みです。医師がご自宅を定期的に訪問し、診察、治療、薬の処方、療養上の相談、指導等をさせていただきます。(往診とは突発的な病状の変化に対し緊急的に家に伺って診療することなので訪問診療とは違います。)

訪問回数

原則として2回/月
※状態の安定している患者様も健康状態を把握させていただくために最低でも
月2回定期の訪問をさせていただいています。
その他、患者様・ご家族様の求めに応じて頻回(往診)に訪問します。

24時間365日の対応

複数の医療機関との連携により24時間連絡を受け、訪問が可能な体制を
確保するなど、機能を強化した在宅療養支援診療所となっております。

各医療機関などとの連携

かしま病院が連携機関になっておりますので、入院が必要な場合はスムーズに
対応できる体制を確保しております。
もちろんご希望により他の医療機関への紹介も致しております。

訪問診療の対象となる方

・病院への通院が困難な方(寝たきりの方)

在宅で可能な処置・管理

 医師による診察
 在宅での看取り
 主治医意見書
 紹介状(診療情報提供書)の作成
 処方箋の発行
 人工呼吸器の管理
 気管切開後の気管カニューレ交換と管理・気管内吸引
 採血、点滴・注射・インフルエンザワクチン接種

訪問診療と訪問看護の連携でできる処置

 胃ろうなどの経管栄養の管理
 尿カテーテル管理と交換
 在宅酸素管理
 高カロリー輸液の管理・中心静脈カテーテルの留置
 床ずれの処置

訪問診療医師担当表

外来診療時間 日祝
午前 10:00~ 岩井(里) 岩井(淳)   岩井(里) 岩井(淳) 山内  
岩井(淳)
午後 13:00~ 岩井(里) 岩井(淳) 市原   岩井(淳)    
岩井(淳)
 

お薬について

ご希望の薬局でもらうことが出来ます。ご家族様がご利用されやすい調剤局
を教えてください。原則的に、診察日の翌日の受け取りをお願いしています。
処方箋は当院へ取りに来る必要はありません(こちらから薬局へ郵送します)。
また、調剤薬局から薬剤師がご自宅に訪問し、お薬の飲み方の説明やお薬の
管理も行っていますので調剤薬局へご相談下さい。

訪問日

※緊急時には電話対応・緊急往診体制をとっています。
火→午前(9時~13時)大瀧先生
水→午後(14時~16時)市原先生
木→午後(13時~16時)市原先生
 *上記以外は、月~土の昼休み時間帯に山内先生が訪問します。

訪問診療を検討される方へ

安心してご自宅で過ごすためには、これまでの療養環境、治療状況などがとても重要になってきます。私達は地域で患者様がよりよい療養が行われるように、ケアマネージャー、看護師、ヘルパー、診療所、病院などの担当者と連携をとり、情報交換を行います。お申し込み、ご相談の際は、病気のことはもちろん、ご家族の構成など社会的な背景や、医療に対するご希望ふまえて、現在の状況について詳細にお伺いすることがございます。医師看護師がどのように在宅での療養を行っていくか、ご家族の皆様とともに決めて参ります。

<訪問診療相談または申し込み>

まずは当院へお問い合わせ下さい

1.病院に入院中のかた
主治医・病院のケースワーカーにご相談ください。紹介状を送っていただき、訪問診療に必要な情報をいただき、準備が整い次第訪問診療に伺います。対応できるかどうか検討したうえでご返事させていただきます。日時を決めて病室へお伺いすることもあります。その場合、家族の方も同席していただきます。

2.ご自宅での療養中の方
現在かかっている主治医にご相談ください。その時に、紹介状を書いていただいてください。ご本人も受診可能であれば一緒にいらしてください。受診が困難な場合はご自宅にお伺いします。

※担当ケアマネージャーがいらっしゃる場合は同席していただきます。
※訪問診療についてご理解・ご同意をいただいた後、初回訪問の予約をお取りします。
※患者様ご本人・ご家族のご要望をお聞きし、その後の訪問計画や診療方針を立てていきます。

当クリニックでは開業以来、訪問診療に力を入れています

住み慣れた自宅での生活をサポート出来るようにケアマネージャーと連携を取りながら医療面でのお手伝いをいたします。まずは、お気軽にご相談ください。
医療法人 医和生会
山内クリニック 訪問診療科
いわき市平谷川瀬字三十九町19-3
(電話番号)25-8181(代)