冬場の脱水にご注意を

 こんにちは。山内クリニック家庭医岩井です。

 めっきり寒くなり、乾燥する季節になりましたね。インフルエンザや胃腸炎なども流行しています。どこで移ってしまうかは意識できないと思いますので、外出した後には、うがい・手洗いをしっかり忘れずに行うようにしましょう。

 ところで皆さんは冬場も意識して水分摂取をしていますか?実は夏場に加えて冬場も身体は脱水に陥りやすいので注意が必要です。夏と違って汗もかきにくいですし、夜間には寒さによる刺激で頻尿にもなりがちですし、寒いトイレに行くのも億劫…そうなるとなかなか水分には手がのびにくいですよね。ゆっくりと暖かいお茶でも飲めたら良いのですが、そんな暇もない。でも実は人間の身体からは尿や便、汗に加えて皮膚や呼吸からもじわじわと水分が失われています。不感蒸泄と呼ばれるのですが、その量は1日で大体900mLにもなると言われています。つまり、トイレに行かなくても水分は毎日1L近くも知らず知らずに失われているのです。

 さらに乾燥して湿度が低下するとその量は増えることが知られています。なんとなく口腔内が粘つく、乾燥が気になるという方は意識して水分摂取することをお勧めします。特にご高齢の方は口渇感を感じにくく、血圧の薬として利尿薬を飲まれている事もあるかもしれません。ご家族にそのような方がいる場合はこまめに声をかけて水分摂取を促してあげてください。一緒にゆっくり一息つきながらお茶など飲む時間を持てたら、さらに良いですね。心も体も脱水に注意して、この冬をお過ごしください。



こちらのコラムは朝日サリーに掲載されたものです