理事長挨拶 - 医療法人医和生会  理事長  山内 俊明

患者様が自分の生活の場で安心して療養を継続することを目的に医療法人医和生会山内クリニックを平成5年に設立しました。医療、福祉、介護を組み合わせて患者様や御家族を支え、生活の質を向上させたいと常に願っております。

平成12年に介護保険が開始され、それまでの外来診療、訪問診療、訪問介護、デイケアに加えて、居宅介護支援事業を中心に通所介護、訪問介護、短期入所施設、小規模多機能施設を開設してまいりました。

患者様や利用者様、御家族様の希望を聞きながら症状や生活状況を把握し医療、福祉、介護の専門職が適切なサービスを提供できるように職員一同努力しております。



医和生会理念



基本方針

患者様、利用者様がご自宅で自分に適した医療、介護、福祉を活用し、より豊かな生活が享受出来るように努めます。

  • 全てのサービスを、患者様・利用者様本位で考えます
  • 常に最新の知識や情報と、最高の技術で対応します
  • 医療、介護、福祉の地域ネットワークを構築します
  • 地域との信頼関係を築き、社会に役立つ法人を目指します
  • 職員は仕事に誇りと感謝の気持ちをもって対応します




医師の紹介 - 診療担当医のご案内

山内先生

ご挨拶

山内クリニックは開業して22年経ちました。それまでの共立病院勤務時代は救命を目的に医療を行いました。開業してからは後遺症のある患者様の生活の質を向上させるべく多職種連携を図りながら診療をしています。これからは医師の増員に伴い更に連携を強化し、その仲間と協力して患者様、利用者様、地域の皆様とも一緒に安全で安心出来る街を創り上げていきたいと考えています。頑張ります!

診療内容

  • 一般内科
  • 循環器科
  • 訪問診療

専門医・資格等

  • 日本循環器学会認定循環器専門医

略歴

  • 1977(昭和52)年 岩手医科大学医学部卒業後、総合磐城共立病院にて初期研修
  • 1983(昭和58)年3月 同院循環器内科勤務
  • 1983(昭和58)年4月~7月 東京女子医科大学付属日本心臓血圧研究所
  • 1984(昭和59)年4月~1985(昭和60)年3月
    公益財団法人日本心臓血圧研究振興会付属榊原記念病院に国内留学
  • 1993(平成5)年 山内クリニック開設



岩井先生

ご挨拶

初めまして。石川県の救命救急センターで11年間勤務していましたが、東日本大震災発生時に災害医療チームとして派遣された経験から、少しでも東北の力になれればと思い、また、山内院長先生との縁もありまして、この度いわき市にやって来ました。
共立病院の救急も手伝いつつ、当院では外来・訪問診療を中心に行います。
よろしくお願いします。

診療内容

  • 一般内科
  • 外科
  • 訪問診療

専門医・資格等

  • 救急診療
  • 日本救急医学会専門医

略歴

  • 1977(昭和52)年 京都生まれ
  • 2004(平成16)年 金沢医科大学卒業後、金沢医科大学病院にて臨床研修
  • 2006(平成18)年 金沢医科大学病院救命救急科入局
  • 2011(平成23)年 東日本大震災DMAT (災害医療チーム)派遣
  • 2015(平成27)年 山内クリニック勤務



岩井先生

ご挨拶

初めまして、こんにちは。平成27年4月から山内クリニックで勤務しています、岩井 里枝子です。私はこれまで石川県能登地方の小さな診療所で家庭医として勤務し、乳幼児のワクチンや健診から、高齢者の在宅診療までと幅広く総合的な診療を行ってきました。家庭医とはなんの専門ですか?と聞かれますが、循環器のような臓器の専門はありません。患者さんにはあなたの専門になりたいと思っていますと答えますが、よく気持ち悪がられます(笑)。家庭では旦那さんと二人の子供と犬一匹と暮らしています。まだ子供が小さく、勤務時間は短いですが、患者さんや家族が診察を終えて帰る時、どんな小さな事でも相談できて今日受診して良かったと思ってくれるよう診察する事を心がけています。どうぞよろしくお願いします!

診療内容

  • 一般内科
  • 小児科
  • 訪問診療

専門医・資格等

  • 家庭医専門医

略歴

  • 2004(平成16)年 金沢医科大学卒業後、総合磐城共立病院にて初期研修
  • 2006(平成18)年 金沢城北病院勤務
  • 2015(平成27)年 山内クリニック勤務



市原先生

ご挨拶

医師として46年働き、古希を迎えました。91歳の母は健在です。共立病院に41年勤務、循環器専門医として心臓病だけを診てきましたが、最近は一般内科医としての知識の必要性を自覚しています。
同年代の患者様は兄弟のようであり、訪問診療では親を診ているような気持ちになります。昔、畠山名誉院長に言われた「患者さんの治療方針を決めるとき、自分の親だったらどうするか?それが正しい判断だ。」という言葉を守りながら、今後の医者生活を送る予定です。

診療内容

  • 一般内科
  • 循環器科
  • 訪問診療

専門医・資格等

  • 医学博士
  • 内科認定医
  • 循環器専門医

略歴

  • 1969(昭和44)年 弘前大学医学部卒業後、総合磐城共立病院内科勤務
  • 1974(昭和49)年~1976(昭和51)年 東京女子医大心臓血圧研究所内地留学
  • 1976(昭和51)年 共立病院循環器科創設 科長
  • 1990(平成2)年 同院循環器科 部長
  • 2003(平成15)年 同院 診療局長
  • 2006(平成18)年 同院 副院長
  • 2010(平成22)年 同院定年退職後、山内クリニック勤務